読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わが忘れなば

備忘録の意味で。タイトルは小沢信男の小説から。

ブログはじめた

タイトルは、小沢信男の小説から採った。

小説「わが忘れなば」は、晶文社から出た単行本『わが忘れなば』またその後に出た『東京の人に送る恋文』に収められた。

*この道を泣きつつわれの行きしこと わが忘れなばたれか知るらん

という短歌をめぐるカメラマンの青年と作家の書簡体小説

ちなみに短歌の作者は、田中克己。

小沢信男の名前を初めて知ったのは、花田清輝の『冒険と日和見』(増補版、創樹社)でだった。
(紹介されていたのは、「盧生都へ行く」など。)


他にも『冒険と日和見』で知った作家・作品は多い。
徳永直の「日本の活字」(『光をかかぐる人々』、三省堂)や伊藤人誉の「穴の底」(『人誉幻談 幻の猫』、亀鳴屋)もこの本で知って読んだ。

李劼人や小林勝などこの本で知ってまだ読めていない作家もいる。

今後、『冒険と日和見』などの花田清輝の作品やそこで知った作家たちの作品の感想など書いていきたい。